ゆがみの見分け方

骨盤のゆがみの見分け方 (1)

まず、鏡に足の裏を向けて仰向けに横になります。鏡の中心線を自分の体の中心と合わせ、自然に力を抜き、足のつま先を見るようにします。その時、つま先とかかとが綺麗なVの字になっていない場合は、骨盤がゆがんでいる可能性があります。左右の両足の傾きがほぼ均等になっているのが理想と言えます。

LM03_1

どちらかの足が大きく開いている場合は、股関節にずれがある可能性もあります
右足が傾いているのであれば右の股関節が、左足が傾いているのであれば左の股関節がずれている可能性があるので注意しましょう。両足のつま先が内側に向いていたり外側に傾きすぎている場合も、股関節のずれがある可能性があります。

骨盤のゆがみの見分け方 (2)

仰向けに寝て、両足を肩幅に開きましょう。左右の骨盤の位置で一番高いところに親指を置き、床に中指をついてその長さを比べます。骨盤がゆがんでいない場合であれば、どちらの指も同じ高さになります。
どちらかが高い場合は高い方と逆側の骨盤がねじれている可能性があります。左側が高い場合は右側の骨盤がゆがんでいるということになります。

TM04_5

骨盤のゆがみの見分け方(3)

背筋を伸ばして正座をするポーズをとります。肋骨の下に親指、骨盤の上に中指、もしくは人差し指を置いてその長さを比べてみましょう。骨盤がゆがんでいない正常な場合だと、両方の指の長さは同じになります。どちらかが長い場合は骨盤が傾いている可能性があります。左側が長い場合は右側の骨盤が傾いている、ということになります。

TM03_7

骨盤のゆがみの見分け方(4)

両足を肩幅に開いて立ち、リラックスした状態で両手を広げていきます。目を閉じ、人差し指を立てましょう。
目を閉じたまま両手を顔の前にもっていき、人差し指と人差し指を合わせるようにします。

ポイントとしては、無理に人差し指を合わせるようにしないことです。体のゆがみをチェックするので、あくまでもリラックスして行なうことが大切です。目を開けて、指がどうなっているか確認します。

ぴったり左右の人差し指がくっついていれば骨盤のゆがみはありません。右側が上の場合は右側の骨盤がゆがんでいる可能性があり、左側が上の場合は、左側の骨盤がゆがんでいる可能性があります

LM03_4

骨盤のゆがみの見分け方(まとめ)

このように骨盤のゆがみを見分けるには4種類の方法があります。もちろん他にも様々な方法があるので、気になった人は探してみて下さい。どの方法も自宅にいながら簡単にすぐ確認できるものなので、骨盤のゆがみが気になる人は是非試してみてはいかがでしょうか?

TM05_1