骨盤と生理の関係

kotsuseiri

ご存じない方も多いかと思いますが生理痛が辛いという人や、むくみや冷えは骨盤の動きと大きく関係があります。

生理と骨盤の関係についてはあまり知らない人もいるようですが、なぜ女性にだけこんなに骨盤矯正や骨盤ダイエットのことが言われるのかというと、男性には無い生理周期が関係しているからなのです。

生理周期と骨盤の関係を理解して骨盤矯正をすることで、今現在起きている生理における悩みが解消する可能性が高いです。生理痛がひどいという人が骨盤矯正をしたことにより、生理痛が楽になったということはとても多いのです。

嬉しいことに女性にとても多い冷え性の改善にも関係しているのです。そう考えると今まで悩んでいた生理痛を少しでも軽減させて、過ごしやすい時期に変えるためには骨盤の歪みを改善させる必要があるということになります。

骨盤の歪みは女性の大敵

骨盤の歪みは生理痛を悪化させるだけではなく、更年期障害や不妊にも関係すると言われています。女性の人生において骨盤の歪みは大敵と言えるでしょう。そう考えると少しでも早い時期に骨盤矯正をする必要があります。

骨盤ダイエットを行うことが出来るうえに、生理痛の軽減や不妊の予防にもつながるのですから、骨盤ダイエットは本当に素晴らしいものですね。女性としてはぜひやってみる価値があるものだと思います。

逆に骨盤の歪みをそのままにしておいたらどうなるのか・・ということを想像すると少し不安な気持ちになることもあると思います。そういう時は専門家の意見を聞いてみるのも良いことだと思います。

健康的な未来のために骨盤ダイエットを行ってみましょう。

男性の骨盤と女性の骨盤

骨盤ダイエットは一般的に女性用と言われていますが、男性の骨盤との違いはどこにあるのでしょうか。男性の骨盤はサイズが縦長です。形としては三角形に近いような形です。それに比べて女性の骨盤は、横長で真ん中は丸い形です。

生理周期というものにより、骨盤は開いたり閉じたりします。朝は閉じて夜は開くのです。つまりは男性と違うところは生理周期によって骨盤の動きが違うというところです。女性の場合は、生理周期に合わせて骨盤が開いたり閉じたりします。

なぜそのような動きをするかというと、ホルモンバランスの働きからそうなっています。生理が終わってから骨盤が閉まる時には、血流が良くなり代謝が上がります。でも排卵の時期になると、ホルモンバランスにより、骨盤が広がってくるのです。